家具リメイクや修理

家具修理で修理からリメイクまで安く行なう

日常的に使用する家具は、「大型ゴミ」に入りますので、廃棄する場合お金がかかります。また購入費用も安価ではなく、搬入と合わせて数万円の出費が生まれてしまいます。 家具が壊れてしまった場合は廃棄するのではなく、家具修理サービスに修理を依頼するようにしましょう。費用で考えても、壊れた家具は家具修理に出した方が安上がりになる事があります。 ダイニングチェアーが破れてしまった場合、張替えにかかる費用は5,000円ほどです。廃棄と再度購入にかかる費用を考えると遥かに安価に済む事が分かります。 またダイニングテーブルを塗り替える場合、家具修理サービスでは27,000円ほどで受け付けていますので、それだけの費用でこれまで使ってきたダイニングテーブルを刷新する事ができます。

指物師と共に歩んできた歴史

現代は異様と言って良いほど、大量消費を美徳としている時代です。一昔前は、飲み物のボトル一つとっても、使用したものは自分で洗って再度使うのが一般的でした。しかし現在では一度使用したペットボトルは廃棄するのが一般的です。 こうした傾向は家具や家電など身近な製品についても同様です。近年は、家具が破損してしまった場合、すぐさま処分してしまうご家庭が増えているのです。 一方江戸時代の日本には指物師と呼ばれる職人が存在しており、そうした職人は家具を作るだけでなく、修理と言ったアフターフォローも手掛けていました。今よりも「大量消費」が一般化していない時代において、家具修理は日常的なサービスだったのです。 一方現在でもエコ意識の高まりに合わせて、壊れた家具は家具修理サービスで再度利用する人達が増えています。