体のために変更

コストを意識した普及がすすむ可能性が高いです

高齢化の進展により浴室暖房はこれからも普及が進むと見込まれます。何故なら時代とともにヒートショックの問題が注目されてきているために、高齢者の済む住宅への取り付けが多くなってきているからです。 注目点としては後付の型の浴室暖房の取り付けが増えていることとヒートポンプ式の浴室暖房ユニットが登場したことが挙げられます。 あとづけ型が増えている理由としては、昔と違いしっかりとしたユニットバスが設置されている世帯が増えている為に浴室ごと交換する必要性が薄れている事が大きな理由です。 ヒートポンプ式はエアコンと同じようにヒートポンプを利用して浴室を温めます。その為イニシャルコストは高くなりますがランニングコストが抑えられるために注目が高くなっています。 これからもコストを考慮した普及が進むといえるでしょう。

浴室暖房を洗濯に利用する場合電気代に注意

浴室暖房は大型のヒーターを利用して浴室全体を温める方式がまだまだ主流です。その為に電気代が意外に掛かるのが注意点となります。但し暖房として使用するだけならさほど大きな問題ではないです。一般の居室と比べて浴室は狭い為に電源を入れると直ぐに全体が温まります。ですので浴室暖房をつけっぱなしにせず入浴するしばらく前にスイッチを入れて出たら直ぐ切るようにしましょう。タイマーを利用するのもお勧めです。暖房だけなら思ったほどコストは掛かりません。 むしろ洗濯物を乾かすのに浴室暖房を利用する場合が要注意です。朝干したら夕方まで電源をいれる事になるために電気代が掛かります。ですので洗濯に浴室暖房を利用するのは雨天の日など他に手段のない時だけにしましょう。